香林居

香林居

完成に近づいた香林居に居る。
ラウンジに居ても、レストランに居ても、客室に居ても。ずっとそこに居たくなるのは何故なんだろう。実に居心地が良い。 見上げると50年前に作られたコンクリートが現れている。今作れる風合いではない美しさがある。耐震補強の壁はアーチ形状で角が丸く、人の手で丁寧に作られているのがわかる。ほとんどが手仕事。ケミカルな素材は見当たらない。木は微妙にコントロールされた質感。ビンテージ家具のアームを摩りながら既存ファサードのアーチ越しに見える成熟した美しい緑を眺める。
風に揺れるカーテン。蒸留された木の香り。心地良い音楽。品のある照明計画。ビンテージ家具の質感。時感。拘り抜かれたセンスの良い備品、アート、書籍。 そしてフレンドリーで礼儀正しいホテルスタッフがチームワークよく準備を進めている。 居心地の良さを書くときりがない。
建築やインテリアのデザインを極力消そうと思いながら進めていたが、ふと気付く。
僕達はこの建築に「時間」をデザインしたのだと。

だからここにずっと居たくなるのだと。

ホテルコンセプト「特別な金沢時間を処方する」に今僕は浸っている。

2021年8月25日 香林居にて
ひとともり 長坂純明

*香林居
18室のブティックホテル
石川県金沢市香林坊にある築50年のギャラリービルを耐震補強しホテルへとコンバージョン

ホテル公式ホームページ
https://www.korinkyo.com/top

インテリア設計・監理:ひとともり
FFE設計・監理:ひとともり+design farm DRiP
照明設計:NEW LIGHT POTTERY
ファブリック:fabricscape
スタイリング:sklo

事業主・施工:西松建設
設計・監理:U +
ホテル運営・企画・プロデュース:L&Gグローバルビジネス
ブランディング・トータルプロデュース・アートディレクション:SUN-AD

 

写真:河田弘樹
翻訳:K&M Transration

 

 

 

 

 

Korinkyo
I am in the nearly completed Korinkyo Hotel.
I can’t explain exactly why, but wherever I am, whether it be the lounge, or in the restaurant, or in a guest rooms, I feel like I could just stay there forever. It’s so comfortable. When I look up, I see concrete that was made 50 years ago. It has a beauty that can’t be matched by anything produced today. The walls, built to withstand earthquakes, are arched with rounded corners; you can see that they were carefully built by hand. Almost all the work I see around me was done by hand. There are no chemical-based materials in sight. The wood has a subtly controlled texture. While brushing the arm of the vintage furniture, I look through the arch of the original facade, and I gaze out at the beautiful and mature greenery of the landscape.The curtains sway in the breeze. The scent of distilled wood. Soothing music. Elegant lighting. The feel of vintage furniture. The feeling of time. The tasteful furnishings, art, and books, all selected without a hint of compromise.And the friendly and courteous hotel staff working together as a team to prepare for your stay Once I start writing, I can find no end to the comforts of this hotelAs this project progressed, I had done my best to try to erase the sense of architecture, of interior design. But suddenly I realize that we have designed a sense of the flow of time itself into this building. That is what is creating this feeling of longing to just remain right here.And now I find myself engrossed within this hotel concept, the idea of being ‘prescribed, a singular Kazawa time.’

August 25, 2021 at Korinkyo
Hitomorori, Yoshiaki Nagasaka

*18rooms boutique Hotel Korinkyo
Conversion from gallery building to hotel with seismic retrofitting.

Interior design/Supervision:HITOTOMORI ARCHITECTS
FFE design/Supervision:HITOTOMORI ARCHITECTS+design farm DRiP
Lighting design:NEW LIGHT POTTERY
Fabric design:fabricscape
Styling:sklo

Business owner:NISHIMATSU Construction
Total design/Supervision:U +
Hotel operation/Produce:L&G Global business
Branding/Total produce/Art direction:SUN-AD

Photography:Hiroki kawata
Transration:K&M Transration

korinkyo official website
https://www.korinkyo.com/top

 

 

 

 

 

 


既存アーチを活かしたファサードデザイン

蒸留器が配置されたエントランスホール


エレベーターサイン  グラフィックデザインはSAN-AD 藤田佳子


2階エレベータホール 既存窓を活かしてカゲロウのような状況。ファブリックはfabricscape

2階レセプションラウンジ


Taiwan Cuisine karch


アイソレーションポッドレセプション

 


ルーフトップ サウナ&スパ


朝の北側客室  霧の中で目覚めたかのような錯覚を覚える。  カーテンはfabricscape  ペンダントライトは香林居のためのオリジナル。NEW LIGHT POTTERYによる